意外と知らない美容院のカラー

はいこっち向いてって、

すると50%の確率で変な顔してきます。

笑顔より上手な変な顔。

きっと奥さんの性格だな。

 

 

 

きっと今美容室へ行かれるお客様の半数以上の方がカラーリング(毛染め)をされてます。

でも意外と美容院のカラーがなんで良いのか?があまり知られてない気もします。

 

美容師的には当たり前ですが、ほとんどの美容室でカラーは1色で塗ってません。

状況によっては1色で塗るときもありますが、それでは上手くいかないことのほうがほとんどです。

伸びてきた黒い部分と

毛先のすでにカラーしてあるところで塗り分けます。

例えば綺麗な1色のアッシュ系のカラーにしよう!という時も

  • 黒いところがどれぐらい明るくなるかな?
  • 明るいところはどれ位暗くしないといけないのかな?
  • 日本人は赤くなりやすいから、黒いところをアッシュにするにはどれぐらいの濃さが必要かな?
  • 毛先もどれぐらいアッシュの濃さがいるかな?
  • なるべく痛ませないためにはどうしたらいいかな?

と、まだまだ考えることはいっぱいです。それを計算してカラー剤を調合していきます。

なので、1個のカラー剤で綺麗に染められるってことが少ないんです。

(痛むのを気にしなければある程度いけますが。)

なのでLilasでも、

こんなのとか、

こんなのや、

こういうのも使ってお客様に合わせてカラーします。

 

 

サロンカラーとホームカラーの違いも

ドラッグストアで薬を買うか?調剤薬局で薬を買うか?みたいな感じですね。

 

なるべく痛ませないように、これからも綺麗でいられるカラーをしましょう。

 

 

ご予約はこちらから

関連記事

  1. パーマの後、カラーはいつしたらいいですか?

  2. 色モチを上げる方法

  3. 伸ばし途中のマイナーチェンジ

  4. 髪質改善→ストレート→髪質改善の仕上がり

  5. 少し大人っぽく変えていきます。

  6. 指通り・手触りもバツグンの「髪質改善」

  7. 透明感と薄っすら感じるパープル

  8. そろそろの秋色

  9. 秋冬仕様に、少しずつ・・

  10. カラーで起こるかぶれなどについて

  11. むしろハネさせるStyleに。

  12. 隠す・ぼかす・活かす。の白髪染め