ストレートパーマは何歳までかけられるの?

お客様から頂く質問です。

 

昔からクセが気になってストレートをかけている。

 

でも段々と年を重ねていって、いったいいつまでかけても大丈夫なのかな?

 

いつまでかけられるのか?

という部分への自分の解答は、

  1. ストレートパーマに耐えられる髪質かどうか?

  2. ストレートをしたスタイルが似合うかどうか?

この2点から考えます。

まずストレートパーマに耐えられるかどうか?という部分に関して言えば、年齢とともに変化していく髪の毛の状況と相談しながらその都度考えていくといいです。例えば段々と毛が細くなってきてる。段々とパサつきが出てきた。こういった変化によりストレート後のダメージの進行が変わってくるはずです。「ストレートしたけどまとまらなくなってきた。」などが起こってきます。

また、白髪が出てきたためカラーもするようになる。など今までよりも髪の毛に負担をかける回数が多くなるケースもあります。そういった状況の変化によってストレート後のダメージが大きくまとめづらくなるなども考えられます。

 

もう一点のストレートが似合うかどうか?ストレートはボリュームが落ちたり、直線的なスタイルになります。このスタイルが合うかどうか?です。どうしても年齢を重ねると体つきもそうですがお顔のパーツも下がってしまいがちです、そうなって来た時に髪の毛のボリュームが上の方に無いスタイルにすると余計に寂しく見えてしまいます。【元気がない・疲れてる】ような印象に見えます。そして真っすぐな髪の毛がお顔の額縁のようになり、お顔のコンプレックスを目立たせてしまう事にもなりやすいです。その為そのようにお顔立ちなどが変化していくのに合わせて、髪の毛全体のボリュームの位置を少し高めにして、ストレートよりも丸みがあって動きのあるスタイルにしていくことをお勧めします。

 

 

こういった理由からストレート離れをご検討していただけるといかがでしょうか?そしてご自分でされているブローやスタイリングに合わせて髪の長さや、一気にストレートをやめるのか?少しずつかける部分を減らしていくのか?スタイルを考えていくといいと思います。

 

ヘアスタイルは全て

〖オーダーメイド〗

だと考えています。相談してもらい一緒にお客様だけの【周りの方に褒めてもらえる髪型】を作っていきましょう。

 

関連記事

  1. 髪のダメージケア⑥ (ドライヤーやコテ編)

  2. 髪の毛や頭皮の為の生活習慣

  3. 自分って直毛だったかな?って勘違いするのが目標

  4. ドライヤーの選び方

  5. 髪のダメージケアについて⑤ (カラーのダメージ編)

  6. ダメージケアより大切なのは、痛ませないようにする!!!

  7. もう遅いぐらいです!!

  8. 少しの長さでハネてしまう事も・・。

  9. ストレートをかけつつ柔らかさのあるスタイルに

  10. 自然な仕上がりのストレート

  11. ストレートパーマがいるか?いらないか?

  12. トリートメントの効果やモチについて