朝に髪の毛を直すときの注意点

起きてから出かけるまでの間、皆さん忙しく時間もないとは思いますがヘアスタイルをどのようにしているのでしょうか?

  • 何もしない?
  • 霧吹きで濡らす?
  • ビチョビチョに濡らす?
  • シャワー浴びちゃいます!?

お話を聞いていると色々な方がいます。僕は洗面所でビチョビチョに濡らしてから乾かしなおします。ですが、どのような方法でもいいとも思っています。お客様一人一人の状況もありますよね。生活の一つに髪型があるので今時間がないから出来ない事もあれば余裕が出来てきて手が掛けられるようになる事もあります。それでもなるべく時間は短くなった方が良いですよね?ですので何を気にしてやると髪型を整えやすいのかをご紹介します。重要なポイントは、

  1. 水分量
  2. 毛穴の中から毛先まで髪の毛がつながっている
  3. 寝ているときは髪の毛を潰している
  4. 濡らすときの手段

この辺りについて今回はお話ししようと思います。ここからはなるべく難しくないような言い方で行きたいと思っています。

まず水分量ということですが、濡れてる状態から乾くときに髪の毛の形が固定されていくという事が重要です。なので濡れてない状態で直そうとしてもなかなか上手くいきません。アイロンなどの高熱を使う以外には変わらないと言い切れます。ですので朝起きて直すときは必ず濡らした方が良いと思います。

そして2番目は、よく「朝起きるとハネてるので濡らして乾かしますが中々なおりません」といったことがあります。この時に必ずお聞きするのが「ハネてる毛先を濡らしてないですか?ハネてる髪の毛の地肌・根元から濡らしていますか?」ということです。【ハネる・分かれる】という原因は根元にあります。なので直すためには根元をブローしなおす必要がありますが、毛先だけ濡らしていることが多々あるようです。原因である根元付近から濡らして乾かしなおすとかなり変わります。

3番目の部分は『夜乾かした時はいいのに、朝起きるとハネてる・まとまらない』という時に髪の毛を根元から潰れてしまているから夜と違う状態になっている可能性が高いという事です。潰れる→ハネる ???→おさまる  どうしたらおさまるか?根元が【潰れて】毛先が【外方向】に動きが出ている状態がハネてます。根元が【???】毛先が【内方向】に動くことでまとまります。なので外方向が内方向になると良くて、潰れる(根元が内方向に向く)と毛先は外方向に向くので、根元がふんわりする・浮く(根元が外方向に向く)と毛先は内方向に向いてまとまるようになります。

ややこしくなりましたかね?カンタンにすると濡らして直すときにハネないようにするには根元が浮いてふんわりするように乾かすといいという事です。

そして4番目の濡らす手段ですがおすすめは、

「霧吹きで濡らす」か「洗面所かお風呂場でビチョビチョに濡らす」です。髪の毛をめくったりしながら根元から霧吹きで濡らすと濡らしすぎず乾かしなおすのに時間がかかりません。ですが、長さなどによってはビチョビチョにしてしまったほうが早い場合もあります。

 

この様なことを気を付けて朝やってもらうと時短で高品質にみなさんのヘアデザインをキープできると思います。

関連記事

  1. ちょっと個性をだしてショート

  2. ショートから伸ばしています

  3. 少し攻めるならアシメも良いです

  4. 皆さま寒さに備えて

  5. 夕方になると崩れてしまうという方へ

  6. シルエットとボリューム

  7. 癖か?癖以外か?

  8. クセを活かしたショートスタイル

  9. 綺麗に伸ばす!!

  10. 洗い流さないトリートメントの選び方

  11. 前よりもモチの良いスタイルになるように

  12. 似合う髪型➡なりたい自分