染まりづらい方でも「明るめの白髪染め」

髪の毛に硬さがあったり、撥水毛といって水をはじきやすい髪質をしている方は「明るくなりにくく」「白髪も色が入りにくい」髪質です。白髪染めをする際はほとんどの場合が「黒髪を明るくして、白髪を暗くする」という染め方で白髪が目立たないようにコントラストを減らしていきます。ですがさっきのような髪質の方では両方ともしにくいため白髪染めが難しい髪質です。そんな方でもピグメントや薬剤の配合で色々とヘアカラーをしていく事が出来ます。

今回もだいたい10レベル位に染めました。柔らかい栗色に。栗色のなかでも当然この春オススメの「Beige」です。

「良い色」と喜んでくれました。いつもありがとうございます。

関連記事

  1. 初夏のカラーとして 「グレージュ」

  2. 重たく見せない「明るめのグレイカラー」

  3. 白髪染めでもオシャレにグラデーションカラー

  4. 少し人と違う感じに。インナーカラー

  5. 更に遠方からありがとうございます。

  6. カラーで起こるかぶれなどについて

  7. 母です。孫の居る人の髪には見えません

  8. クセも生かしてコテ仕上げ

  9. 首元すっきり。冬の装い

  10. 髪質改善→ストレート→髪質改善の仕上がり

  11. 明るめの白髪染めしたい方

  12. そろそろ初夏も考えて