染まりづらい方でも「明るめの白髪染め」

髪の毛に硬さがあったり、撥水毛といって水をはじきやすい髪質をしている方は「明るくなりにくく」「白髪も色が入りにくい」髪質です。白髪染めをする際はほとんどの場合が「黒髪を明るくして、白髪を暗くする」という染め方で白髪が目立たないようにコントラストを減らしていきます。ですがさっきのような髪質の方では両方ともしにくいため白髪染めが難しい髪質です。そんな方でもピグメントや薬剤の配合で色々とヘアカラーをしていく事が出来ます。

今回もだいたい10レベル位に染めました。柔らかい栗色に。栗色のなかでも当然この春オススメの「Beige」です。

「良い色」と喜んでくれました。いつもありがとうございます。

関連記事

  1. 2か月に1回、カラーの勉強会をしています。

  2. もうハイライトは当たり前?

  3. くすんだカラーでトーンダウン

  4. ハイライトで作るカラー

  5. 軟らかい髪質の方はカラーが映えます。

  6. ショート×Hitone

  7. 気になっていて!!髪質改善

  8. 成人式明けで短くしました。

  9. 春色。Sakura

  10. 透明感と薄っすら感じるパープル

  11. このぐらいの長さなら外ハネが良いと思います。

  12. 隠す・ぼかす・活かす。の白髪染め