艶カラー+インナーカラー

彩度の高い色で楽しもうと思うとブリーチなどでダメージが気になります。それでもやってみたいという時はインナーカラーはどうでしょうか?髪の毛の表面は綺麗にツヤが残るのでダメージを感じませんし、目立ちすぎても困る方でも入れるところ次第でコントラストの調節も出来ます。

見せたい時は巻き方を工夫すると内側から出てきます。

アクセサリー感覚のカラーです。

関連記事

  1. ショートボブにハイライト

  2. 「くびれ」はずっとトレンド

  3. 襟足が上に浮いてしまう方

  4. 明るめのオシャレな白髪染めへ

  5. 前回のカラー講習を息子がやってみると!?

  6. 安定のていねいなボブで家での手入れも楽に

  7. 「大胆に変えてみたい」という事で。

  8. クラシックボブはラインが大切です。

  9. 安心のていねいなボブ

  10. スッキリまとまるBob

  11. 痛ませない白髪染めをします。

  12. クセを活かしつつ後頭部にボリュームが出るように