艶カラー+インナーカラー

彩度の高い色で楽しもうと思うとブリーチなどでダメージが気になります。それでもやってみたいという時はインナーカラーはどうでしょうか?髪の毛の表面は綺麗にツヤが残るのでダメージを感じませんし、目立ちすぎても困る方でも入れるところ次第でコントラストの調節も出来ます。

見せたい時は巻き方を工夫すると内側から出てきます。

アクセサリー感覚のカラーです。

関連記事

  1. 塗り絵とは違うヘアカラーの話

  2. ハイトーンの「Beige」

  3. 白髪染めでもオシャレにグラデーションカラー

  4. 伸びてきたのでカットで整えます

  5. 襟足が上に浮いてしまう方

  6. ひし形シルエット強めに

  7. 綺麗な色でした。

  8. 残暑が厳しいのでショートキープで

  9. ガラッとカラーチェンジ

  10. やっぱり大切なのでお伝えさせてください。

  11. オレンジのカラーについて

  12. 徐々に明るくしていくグレイカラー