艶カラー+インナーカラー

彩度の高い色で楽しもうと思うとブリーチなどでダメージが気になります。それでもやってみたいという時はインナーカラーはどうでしょうか?髪の毛の表面は綺麗にツヤが残るのでダメージを感じませんし、目立ちすぎても困る方でも入れるところ次第でコントラストの調節も出来ます。

見せたい時は巻き方を工夫すると内側から出てきます。

アクセサリー感覚のカラーです。

関連記事

  1. アッシュ系はすぐ抜ける?

  2. 切りっぱなしボブベースに軽さを足したスタイル

  3. ツヤのあるカラー×ヘアエステ 最高です。

  4. ヘアカラー文化はさらに短い!

  5. 白髪を隠さない白髪染め

  6. 徐々に明るくしていくグレイカラー

  7. 少し大人っぽく変えていきます。

  8. 毛先へ向かって明るく

  9. 寒い時期に向けてスタイルチェンジ

  10. 冬の服に合わせたスタイルに

  11. Bobスタイル(ストレートパーマ)

  12. 品があって暗めでも粋なネイビーカラー