ダメージケアより大切なのは、痛ませないようにする!!!

クリスマスシーズンのディズニーランドで、順番待ちに耐えられず

ふらふらと歩いているときの一枚。

寒い。

 

 

 

〖思わず触りたくなるような理想の髪質〗

 

をテーマにしていますが、

今はカラーも当たり前、パーマもするし、コテを巻いたりもしますね。

結果的に髪が痛んでいて当たり前!

だからダメージケアをするのも当たり前で、皆さんもしていると思います。

 

 

でも髪質を良くしていく時に大切なのは、

【痛ませないようにする】

ことです。

 

風邪もそうですが、予防です。

トリートメントなどをすると確かに髪が良くなります。ですが、

髪の毛が元通りになることは残念ながらありません。

だから元々の髪の毛をどれだけ傷つけないかが大切なんです。

 

その為にLilasでは、

  1. カウンセリングで髪質やダメージをしっかり確認します。
  2. カラーやパーマなどの前には薬剤で髪を痛ませないための処理をします。
  3. カラーやパーマにも枝毛や切れ毛を抑えるサプリを使います。
  4. カラーやパーマの悪い成分を髪や頭皮から除去して残しません。
  5. 髪質に合ったトリートメントを必ず処方します。
  6. 炭酸泉で更にしっかり汚れや薬剤を取り、頭皮も髪もケアをします。

まずこれだけのことは最低でもします。

そしてカットでも、お客様が褒められるデザインを提供することと、痛ませない。切り終わった後髪が綺麗になる。を目指して切ります。

カットすることが痛むとも思っています詳しくはこの記事で

 

カラーもお客様には分からないですが、痛みやすい染め方と痛みにくい染め方が美容師次第なんです。

 

ちゃんとお客様と向き合って、責任のある仕事をいていきたいと思っています。

その為には、痛ませないことがまず大切なんです。

 

 

ご予約はこちらから

関連記事

  1. ストレートパーマは何歳までかけられるの?

  2. 抜け毛について

  3. 切らないことがダメージケアになる?!

  4. 襟足が上に浮いてしまう方

  5. シャンプーのやり方について

  6. パーマの後、カラーはいつしたらいいですか?

  7. 夜はいいけど朝が・・・という方は

  8. 髪のダメージケアについて⑧ (デジタルパーマ・ストレート編)…

  9. 分け目や前髪を流す方向について

  10. ドライヤーの選び方

  11. トリートメントの効果やモチについて

  12. 少しの長さでハネてしまう事も・・。