白髪について①

今日は倉島さんが来てくれて、お祝いを頂きました。

ありがとうございます。

写真を撮り忘れてしまいましたが、水谷さんから頂いたものはその日の夜に子供たちと一緒に楽しませていただきました。

本当に皆さんに支えられて感謝してます。

また時間あれば遊びに来てください。

 

 

 

 

 

白髪や薄毛に関して、まだまだ研究途中なことも多く解明されていないことも多いですが、分かっていることで僕なりに解釈していることを説明していきます。

 

まず大人女性の悩みランキングのTOPに『白髪』が来ます。

なぜ?でしょうか。

  • 老けて見える
  • すぐ伸びてくる
  • 周りの人に見られる(気づかれる)

など色々な理由が皆さんあるのだと思います。

白髪になるのはなぜ?なぜあるのか?

白髪と黒髪の違いは、「竹」と「木」みたいに構造が違います。木と違い竹は節があり中が空洞です。白髪も節があるように硬さがありメラニン色素など黒髪にはあるものの代わりに気泡ができているようです。

なのでよく白髪の方が目立ってしまったり、白髪の方が立ってしまう事が起こります。それに竹の方が内側に辿り着くのも大変そうですよね?白髪も黒髪よりもカラー剤の浸透が悪かったりします。そういった部分もあり【染まりにくい】みたいなイメージがつきます。

 

 

そしてそもそも髪の毛は頭を守るためにあります。白髪になることで黒髪よりも効果があることはなんでしょうか?

白髪には気泡が含まれる。空気の層があることで僕たちの生活に役立っているものはなんでしょうか?皆さんも一枚は持っているのではないでしょうか?

 

 

〖ヒートテック〗

ユニクロからでている服です。ほかのブランドでも色々な名前で同じような機能を持たせて《あたたかい服》として販売されています。

このように繊維の隙間の空気の層を作ることで体温を閉じ込める役割になっているようです。

白髪の方が黒髪よりも空気の層が多いのであれば、同じように保温効果が高いともいえるのかもしれません。

その点で見てみると、保温しないといけないと「脳」が感じることで白髪になってくるのかもしれない!?という事も言えます。体の体温調節は血液の循環行っています。頭に血液が十分に届かないと頭皮の温度は下がっていきます。それに血液から栄養もとれないとメラノサイトという髪を黒くしている細胞も働きが悪くなります。そういった色々な角度から見ても頭皮の血行不良が白髪になる可能性を上げているという事になるかもしれません。

 

頭皮の血行をよくして白髪のケアもしていきましょう。

関連記事

  1. コテを巻くときの注意!

  2. 夏場のダメージが原因??

  3. ストレートパーマは何歳までかけられるの?

  4. 少しの長さでハネてしまう事も・・。

  5. 乾燥する季節のケアについて

  6. 綺麗に伸ばす!!

  7. 薄毛予防について⑦

  8. 夜はいいけど朝が・・・という方は

  9. ダメージケアより大切なのは、痛ませないようにする!!!

  10. 髪の毛の乾かし方について

  11. 髪のダメージケアについて⑧ (デジタルパーマ・ストレート編)…

  12. 頭皮が赤いけど大丈夫なの?