明るめの白髪染めしたい方

大人女性のお悩みランキング第1位

『白髪』

マイナスなイメージが多く、むしろマイナスしかない!!っていう方も多いでしょうか?

 

根本的に僕はあまりマイナスにとらえず上手に付き合っていってほしいと思っています。やはり白髪がみえることで「あっ!」と思われたり、年齢が上がって見えたりするかもしれませんが、気になりづらくする方法はいくつかありますし。今までと変わらずにカラーを楽しむこともできます。

例えば明るめに染めたほうが白い毛が伸びたときに気になりづらかったり、前髪の切り方でも変わったり。色々です。

 

今回は明るめに白髪染めをすることについてお話します。

 

前にも「白髪染めでも明るく染められるのか?」という記事を書きました。

それに「白髪染めとおしゃれ染めの違い」についてもこちらを見てみてください。

 

明るく白髪染めをすることで、【伸びてくる白髪】が目立ちにくいと僕は思っています。それはもし暗めに白髪染めをしたとしたら染めてある髪の毛も暗い、伸びてくる毛は黒いので白が余計に際立って目立つからです。それよりは茶色く染まっていれば、茶色と黒と白になるので若干は馴染むことになりますからオススメです。

あと染めるペースがとても重要だと思います。自然な一色のカラーで白髪もカバーしながら明るめに染めようと思うと若干のグラデーションをかけることになります。根元を若干濃いめ(暗め)に染めるという事です。そうすると根元の伸びてきた髪の毛が短いと馴染みやすいですが、その範囲が長くなっていると明るさの差が大きく感じてムラに染まって見えます。なので最低でも2か月以内です。ベストは1か月~1か月半で染めるといいと思います。そうすると根本の若干濃いめに染まっている所も次染めるまでには明るく抜けてきていますから問題なく綺麗に染まっていきます。

 

注意してほしいのは、今が暗く染めている方は急に明るく染まると染まってないように感じます。徐々に明るくしていくのをオススメします。

少しブラウンの方がお肌も綺麗に見えます。

僕も20代前半で白髪が出てきました。白髪でも十分楽しめると思うのでまた相談してください。

関連記事

  1. 髪質改善→ストレート→髪質改善の仕上がり

  2. 冬に向けてショートのヘアチェンジ

  3. そろそろの秋色

  4. 艶カラー。少しのピンク感が重要

  5. BTS大好き。

  6. ハイトーンのグレイカラー

  7. クセも生かしてコテ仕上げ

  8. 初夏のColor

  9. 月1のフルコースDesign

  10. #ユニコーンカラー

  11. 3回目の髪質改善をさせていただきました。

  12. ヘアカラー文化はさらに短い!