クセ毛の方の梅雨の過ごし方

大なり小なりクセがある方がほとんどの日本人ですが、クセが強い人ほど梅雨時期の湿気は大敵ですね。朝鏡の前では「よし!」と思っても外に出たらフワフワしてしまったりします。僕は自分自身もそうですが、クセ毛の方はクセを抑えるのではなく出して活かしていくようにオススメしています。

意識した方が良いこととしては『乾かすときは全力でクセを伸ばす』『ワックスなどでクセを戻しながらスタイリングする』という2点です。ドライヤーと手で乾かすだけでもいいので乾かし方を意識してクセが収まるようにします。その後にスタイリング剤で動かすと直毛の人がパーマをかけたようなスタイルになります。

よくクセのない人からは「いいねクセ毛で。パーマいらないもんね。」なんて言葉をかけられますが。全く違いますから!!ってクセ毛さんは思っているはず。でもこのやり方すると自分でも少し自分の髪が好きになれますよ。クセを抑えてもあとで戻って来た時にまとまってないスタイルになってしまうので最初から動きのあるスタイルにしてクセが戻ってくるのも気にならないようにスタイリングするといいですよ。

関連記事

  1. 「髪を乾かす」の注意点

  2. パーマのスタイリング実践

  3. ボリュームが出ないコテの巻き方

  4. レプロナイザー3Dといいます。

  5. コテやアイロンを使ったスタイリング方法

  6. 薄毛予防について

  7. クセを活かしつつ後頭部にボリュームが出るように

  8. 髪のダメージケア⑥ (ドライヤーやコテ編)

  9. なんか良さそうなのを紹介してもらいました

  10. 乾かさないと痛む!なぜ?

  11. 洗い流さないトリートメントの選び方

  12. 朝のブローについて