明るめのベージュに。白髪もカバーしつつ

白髪染めというのも白髪の『比率』によって考え方がかなり変わってきます。白髪が多い時は「どれ位暗くするか?」という染め方になり、少ない場合は「白髪をどれぐらい染めて、黒髪をどれぐらい明るくするか?」と複雑になってきます。そうなんです、白髪が多いほうがむしろ考え方はシンプルで尚且つ一番明るい白い毛にどんな色をのせるか?で色が分かりやすく出ます。白い画用紙に色を付けるのに似た感じです。なので色の幅も多彩になっていきます。

今回は白髪をどれぐらい暗くするか?といった発想でそめられる髪の状態でしたので、暗くなりすぎないように色を薄く設定して毛先にも明るさが残るような色で染めました。色味は春にオススメしている「ベージュ」系のカラーです。

最後は皆さんにオーダーメイドのトリートメントも必ずしてますのでハリコシが出るように仕上げさせていただき、ショートスタイルがよく見えるようにふんわりとしていきました。

関連記事

  1. 艶カラー。少しのピンク感が重要

  2. 自然な黒染め

  3. クセ毛さんのショートスタイル

  4. 重ねて重ねて、綺麗なカラーになる事もあります

  5. 2020春にオススメのヘアカラー①

  6. 痛ませない白髪染めをします。

  7. パーマの後、カラーはいつしたらいいですか?

  8. ベージュ系カラーにルーズ巻きスタイル

  9. クセではねてしまう方への髪質改善

  10. ベリーショートは明るめカラーで

  11. 軟らかい髪質の方はカラーが映えます。

  12. 首元スッキリの夏スタイル