明るめに白髪を染める方法について

今回は「明るめの白髪染め」について解説していきたいと思います。今はほとんどの方が白髪染めでも明るめにしたいという想いを持っているように感じています。

少し当たり前の所から説明してしまうのですが、白髪染めをする理由としては【白髪が分からないようにしたい】という事だと思います。白髪がある事で色々なデメリットがあるので分からないようにしたい!という事ですね。その時に「分からない」という状態でも程度があります、黒髪と白髪をまったく同じ状態にしたいのか?それともパッと見で分からなければOKなのか?という事です。今回は後者になる「パッと見で分からない状態」という感覚の話になります。

黒い髪の毛=1番暗い髪の毛。白髪=1番明るい髪の毛。というのをまずは頭においてほしいのですが、この2種類の髪の毛のコントラスト(明度差)が大きいと白髪が目立ってしまいますよね?なので黒髪を明るくして白髪に色を入れて暗くすることで「パッと見で分からなくする」ことが『明るめに白髪染め』することになるという事です。ちょっとココまでは堅苦しい説明になってしまいましたが、この前提を頭に入れておいてもらいたいです。

 

〖明るめの白髪染め〗といっても染め方は色々あります。この間もお客様から「いつも染めると暗くなっちゃうのですが、今日は良い感じです。(明るさが残っているので)」「何か特別な薬を使っているんですか?」というお言葉を頂きました。答えは【NO】ですね。薬にもこだわってはいますが上手に染まる特別なカラーを使っているわけではありません。基本的な原理はほかのカラー剤と同じものを使っています。ただその薬の選び方や塗り方や工程などで差が出てくると思っています。具体的な話をなるべくカンタンに説明できるようにしていきます。

まず

  • どれぐらいの明るさに染めたいのか?
  • 白髪の量はどれぐらいあるのか?
  • 前回染めてからの期間はどれぐらいか?
  • 髪質による染まりやすさはどうか?

大きな点でこのあたりを考えています。

まず結構明るくする方は白髪を染めようと考えません。黒髪が明るくなって、すこし白髪に色が入るだけで差は無くなってくるので目立たなくなります。逆に白髪を意識しすぎないことでハイトーンでやりたいカラーの良いところと言いますか、綺麗なカラーに染められるようになります。

そして白髪の量が多い方は、「暗くしすぎないようにする」だけです。要はもともと明るい状態という事なので、明るめの染め上がりになる為に必要最低限の濃さで染めればいいだけなのです。

期間は短い人ほど綺麗に染まります。これはぶっちゃけた感じで言ってしまうと白髪染めの濃いカラー剤は少ないほうが綺麗な明るめのカラーになるので薄く白髪を染めるという事です。ですがペースが早ければ初めてカラーをするところと少し根元のカラーが伸びて前回染めた2回目のからーがつくところと出てきます。こうやって重ねてカラーがつくと色が定着しやすくなります。そして薄く染まっている髪の毛もペースが早ければ少ししか生えてなくて短かい為、見ても分かりません。ペースが長いとそれなりにしっかり白髪にも染料が入ってないと『染まってない感』が出てしまう可能性が高くなります。なのでペースは速めが染めやすいのですが、伸びた長さなども考えながら出来そうな明るさのカラーでお客様と相談して決めています。

あとは髪質があります。ぼくのように髪の毛が軟らかい人は比較的明るくなりやすくて色も入りやすい方が多いです。なので黒髪は明るくなって白髪には色が入りやすいという事なので染めやすいですよね?逆に硬さがあったり黒さが濃い地毛の方などは染まりにくいことが多いです。

こういった要素がいくつも混在しているのが普通なのです。なので一人一人お客様によってアプローチは変わってきます。というか変えないと本当の意味で綺麗には染められないのではないかな?と思ってしまいます。

 

番外編として、部分的に白いのが多い方も多いのではないでしょうか?こういった方は【全体を同じカラー剤】で染めても上手く染まらない時があります。白髪の多い所だけ薄くなってしまう時です。そうならないように先にある程度の濃さ(その後に塗る全体カラーとのバランスによる)のカラー剤を「先に」塗っておいてからカラー塗布をしていきます。そうする事で白髪の多い所には少し濃く色が入り、他の所には明るさが出るように染められます。こういった染め方でさせていただく方の中には、部分的に多い所には白髪染めを使いますがその他はおしゃれ染めしか使わないで綺麗に染めているお客様もいらっしゃいます。

こんな感じで意外と複雑なことを色々と考慮して想像しながらやってます。なので人それぞれです。ややこしいので細かい事は美容師に任せてもらっていいと思います。どうなりたいか?を伝えてもらって相談して決めていけたら良いのではないでしょうか?

きっと出来ないカラーというのはほとんど無いはずです。でもやりやすい?やりにくい?はあったりもします。なので一緒に考えていきましょう。

関連記事

  1. 2021・春夏のヘアカラー

  2. わたくし真剣に頭皮ケアしていきます

  3. お家で出来る髪の毛の直し方

  4. 素朴な疑問?!Q&Aに答えていきます

  5. シャンプーの種類・トリートメントの種類

  6. 気になる白髪について

  7. トリートメントの「モチ」について

  8. 髪を綺麗にするために美容師がやっている事

  9. 紫外線、日焼けの時期が来ましたね

  10. いつまでも綺麗なカラーをするために

  11. 炭酸泉って効果あるの?

  12. 髪の毛の乾かす乾かさない問題について