クセを上手にブローする方法

日本人の8割の方はクセ毛らしいので、ほとんどの方がどこかしらクセでやりづらいところなどがあるのではないでしょうか?今回はクセの方向修正の話です。どういう事か?というと

例えば「全体的に右に流れてしまいます。」などクセで左右などどちらかに動いてしまう。これはハネるとかも同じようなことが言えます。このように「右に流れてしまう」という場合そうならないように左へ左へ乾かしたりして右にならないようにする事が多いようです。右にしたくないから左にする。ハネてほしくないから抑えて乾かす。そうなりがちです。ただこのやり方はほとんどの場合が失敗します。覚えておくといいキーワードは「根元と反対方向に毛先が動く」という事実です。さっきの右に流れる。流れているのは毛先のはずです。毛先が全部右へ右へと流れていってしまう。これを乾かすときに左へ左へ乾かすと根元の髪の毛が左へ跡がつきます。そうするとどうでしょう?根元が左に行くという事は毛先は反対の右へ行きます。そうなんです、かえって右に行きやすくしてしまっています。その場合は右へ右へ根元をふんわり起こしながら乾かしてあげるのが良いです。そうすると根元が立ち上がりながら左に行っていたのも右へ修正されるため、毛先は自然と収まっていきます。ハネる毛も抑えるのではなく根元をふんわり立ち上げるようにすると毛先は内側へ戻ってきます。生えグセの強さにもよるので一度乾かして修正しても時間とともに戻ってしまう事も多いですが、今までのように乾かしていたのとは差が出てくると思います。

『根元と反対方向に毛先が動く』というのを意識して乾かす方向を考えてみると上手くいくと思います。

関連記事

  1. レプロナイザー3Dといいます。

  2. 短い髪の毛を巻くのであれば・・・

  3. 洗い流さないトリートメントの選び方

  4. 外ハネのスタイリングでの注意点

  5. 美髪にする方法

  6. クセを活かして少し巻き足したスタイル

  7. スタイリング剤はつけていますか?

  8. クセも生かしてコテ仕上げ

  9. コテやアイロンを使ったスタイリング方法

  10. 伸ばし中の外ハネStyle

  11. コテやアイロンを使う方の必須アイテムは

  12. シャンプーの選び方