おしゃれに白髪染め

このお客様は硬さとクセのある髪質で染まりにくいです。白い髪の毛も色が入りづらいです。この状態からカラーをさせていただいて

これぐらいの明るさがあるように染めることができます。もともとオレンジが出やすい髪質ですが、ご本人の意向もあり栗色系にしています。今回もマットとグレイを足した色でカラーしています。髪に柔らかさもありオレンジの多い髪だと出にくい透明感も出ています。これだけの明るさにしても白髪はカバーできています。ポイントは

  • 白髪はカバーしつつ根元から赤味を抑えるカラーをする
  • 最低でも1か月半以内にはカラーを重ねる

この辺りが重要になっていきます。伸びてきた髪の毛にカラーでしっかりと茶色をのせすぎると、中間や毛先が栗色にはなりにくいです。それに伸びた髪の毛が長いと染まりにくくなるため、白髪が目立たないように暗めに染めることになるか白髪が浮いた感じが出てしまうか、どちらかです。その為早めに染めることが大切です。

 

染まりにくい髪質でも、重たくなりやすい色素を持っていても染め方で多彩なカラーを楽しめると思います。ご相談ください。

関連記事

  1. 1か月に1回のカラーでダメージが気になる方への髪質改善

  2. 意外と知らない美容院のカラー

  3. アッシュ系で暗くするとこうなります。

  4. 透明感color

  5. 2020春にオススメのヘアカラー①

  6. 秋の「くすみ系」カラー

  7. 塗り絵とは違うヘアカラーの話

  8. #インナーカラー

  9. 3回目の髪質改善をさせていただきました。

  10. ペタッとしやすい方は、、、

  11. 透明感と薄っすら感じるパープル

  12. 明るめのベージュに。白髪もカバーしつつ