おしゃれに白髪染め 明るめver.

レベルで言うと12レベル位の明るさで仕上がっています。

この方も最初は9.10レベル位のカラーをしていましたが、今っぽい透明感があってくすんだ感じのカラーにしていきたいという事で徐々に半年ぐらいかけて明るくアッシュ感を足しながらくすんだカラーを一緒に作っていきました。ブリーチを使えばすぐに出来るかもしれませんがその後のケアの事も考えてブリーチは使わず徐々に明るくなるカラーを重ねながら明るくしていきました。明るいカラーにしていくには毛先を明るくしてくことと根元(新しく生えてきた髪の毛)も徐々に明るくしていきます。この時に極端にやると毛先の染まった感じとの差が出て白髪が気になってしまう事があります。ですので根元も徐々に。

透明感が出やすいカラーも使っているため、かなりアッシュ感もしっかり出て綺麗にカラーが出来ています。

 

白髪染めも楽しんで色々なカラーをしていってほしいです。

関連記事

  1. ヘアカラーについて分かりやすく伝わるように

  2. 11月の奥野さん

  3. 塗り絵とは違うヘアカラーの話

  4. 艶カラー。少しのピンク感が重要

  5. 軟毛・ハイダメージ履歴の方への髪質改善

  6. 夏ヘアカラー+髪質改善

  7. ロング×ハイライト

  8. すっきりショートスタイル

  9. 春・初夏のふんいきに。Pea Green

  10. ワクワクするものが届きました。

  11. カラーの見え方の違い

  12. 艶のあるカラー WormBeige