ヘアカラーの色モチを良くするには?

今回は「ヘアカラーの色が長持ちするためには?」といった部分のお話をしたいと思います。

まずやっぱり色が抜けてくるとヘアスタイルが崩れた感じが強く出てしまいます。それに痛んで見えたりパサついたりもしてきます。なので当然ヘアカラーをしたので「その色を長く楽しみたい」という事もそうですし「いつも綺麗なヘアスタイル」をキープする為にも『ヘアカラーのモチ』は重要になってきます。

大きく考えて2つのポイントにしてご説明させていただこうと思います。

  1. 色モチのいい髪質、悪い髪質
  2. 色モチの良くなる生活

といった感じです。まずは1、の髪質について説明していきますね。

まずシンプルな答えから言うと「健康な髪の毛ほど色モチが良い!!」です。ヘアカラーというのは髪の毛の「たんぱく質」にくっついて発色しています。なので髪の毛の中にたんぱく質が多いほど多くの染料が中に留まっています。そして「濡れる・シャンプー・薬剤」などで髪の毛の外に少しずつ出ていく事で色が抜けていくという事です。

カラーの原理として「メラニンという茶色を壊す」「染料を入れる」ことでヘアカラーは出来ています。以前にも動画で説明しました「小学生でも分かるヘアカラー理論」、こちらを見ていただければと。

なのでカラーが抜けると明るくなったり、オレンジになったり、黄色くなったりします。抜けた後に変化が大きい方(最初よりも明るくなったり、オレンジになったり黄色くなったり大きく色が変わる方)はダメージが多い可能性があります。なので痛ませないようにしたりトリートメントなどで補給したりして、なるべく染料がくっつくたんぱく質が多い状態を作ってあげて染料をたくさん髪の毛の中に定着させることが重要になります。そして多くの染料が髪の毛の中にあったとしても外に出る量が多いとそれも早く抜けてしまう事になります。そこで大切なのは髪の毛の蓋の役割にもなるキューティクルという「髪の毛の表面」です。ココが整っていると中の染料を『閉じ込めてくれます』。

表面の蓋はどうなっていることが大切か?それは枚数です。実は髪の毛の表面にあるキューティクルは普通毛(5~8枚)軟毛(3枚程度)硬毛(9枚以上)と言われます。層になってるんですね。薄~い魚のウロコの様なものが何層にもなっているイメージです。これが濡れたりパーマ液やカラー剤などのアルカリに触れることで開いたり閉じたりします。そしてダメージを追うと剥がれてしまいます。痛んでいる髪の毛のコシが無くなるのはキューティクルの枚数が減っている証拠です。これも痛ませないようにしたりトリートメントをしたりベース剤をつけたりしてしっかり蓋が出来る状態を作ります。

髪質で言うとこの「内側」と「外側」の状態で大きく変わる事をなんとなくご理解いただけましたでしょうか?そしてここまでのお話を見ていただいて思われた方もいらっしゃるかもしれませんが【人によって差がある】所があります。もともと髪の毛の柔らかい方はキューティクルが少ないため抜けやすく、髪の毛が細い方は定着する染料が少なくなりやすいです。細くて柔らかい方の色モチが悪いのはこういった面があるからですね。だからといって髪がしっかりしている方も油断できません。しっかりしている分『痛んでいる髪と痛んでいない髪の毛の差が大きくなる』可能性がある為、部分的に色モチが悪くなり「どうにも綺麗ではない(汚い)」状態になる可能性があります。(髪が軟らかい人が全体的に抜けるのとの違い)意外と全体的均一に抜けてきたらそれはそれで良い色なんてことも・・・。

 

そして2、の生活面についてです。1番は予防です!!何にしても【治療よりも予防】が効果が大きいです。例えば髪の毛の強度が100%中の80%だとしましょう。予防して痛ませないように施術していった80%の状態と、治療して補った後の80%ではその後の崩れやすさに差があると思いませんか?どうしても人の体というのは100%元通りになる事はありえないですよね?ほぼ元の状態になる。というのが限界のように感じます。まずは予防して髪質をキープするようにしましょう。その為にLilasでは出来る限り、いま美容界で良いと言われている「痛ませないための処理」をしながらカラーやパーマをしています。当然ダメージ 0 にはなりませんが、そのように予防することが大切なのと、ベース剤という洗い流さないトリートメントも毎日つけることで痛みにくくなります。

意外なところでブラッシングの脅威について。雑にブラッシングをするとキューティクルにダメージが出ます。その為ブラッシングする際は毛先から丁寧にやってあげてくださいね。あと濡れたまま擦らない・寝ないという事です。濡れているとキューティクルが少し開いています、例えば状態の良い手の時は指を擦っても何ともないですよね?でもササクレが出来ている指を擦ると当然ですが痛かったりササクレが広がったりします。濡れている髪の毛というのはそういった状態に似ています。擦るダメージが何となくイメージできましたか?ついついという方は気を付けてあげてください。

そしてシャンプートリートメントでケアしていくという事です。ダメージケアのシャンプーなどは良い髪質の土台作りの為にも大切です。でもケア成分によってはカラー直後は色と一緒に外へ出てしまうものもあり注意が必要です。カラー後1~2週間はカラー用シャンプー中心にするといいですね。ダメージ用よりも色モチの面ではカラー用の方が良いと思います。ですが次のカラーの為にもその後はダメージ用で土台作りを。というのが僕の持論です。

 

このようなところを気を付けていただくと色モチは良くなっていきます。今よりも良くなるために色々と試してみてはいかがでしょう??

関連記事

  1. 薄毛が男女によって差があることについて

  2. 時短でヘアスタイルを作るには??

  3. 髪を綺麗にするために美容師がやっている事

  4. にんまりお届けコレクション

  5. ここ最近のデザインしていて感じること

  6. お家で出来る髪の毛の直し方

  7. トップのボリュームが気になる方へ

  8. 『育毛』の最近事情について

  9. 気になる白髪について

  10. ハサミのご紹介

  11. 伊藤 敬一と申します。

  12. 見た目だけではない「髪の毛」の不思議な力