お家で出来る髪の毛の直し方

こんにちは。今回は「家で皆さんがやっていること」で出来る髪型を良くする方法について書いていこうと思います。とはいえ家でどういった事をしているのか?は、かなり人によって違うんですね。例えば

  • 乾かさない。(ありのままで)
  • ドライヤーで乾かす。
  • ブラシを使ってドライヤーを当てる 。(クルクルドライヤー含む)
  • コテやアイロンを使う。

と、簡単に分けてもこのぐらいにホームケアが違います。なので今回はほとんどの方がやっていただいている『ドライヤーで乾かす』ことでできるヘアスタイルの直し方・作り方について書きます。ヘアスタイルをつくるうえでお客様とお話をしていて、いつも気にされていると聞くもので多いものが

  1. ハネる
  2. 分かれる
  3. 広がる
  4. クセが出る
  5. ペタッとする

この部分に関してご紹介していきますね。

まず1、ハネるのは根元の髪の毛に原因があります。「髪の毛は根元の方向の逆に毛先がいく」という特徴があります。どういう事かというと「根元が左にいくと毛先は右に行く」「根元が前に行くと毛先は後ろに行く」というようになります。なので【ハネる】というのもサイドであれば前に毛先が向いていたり、後ろであれば外に向かって毛先が向いていたりと微妙に方向が違っていたりもします。よくハネる原因になっているのがこの辺り

そこでサイドのハネるのを直すために耳前と耳上の髪の毛の地肌付近(根元の髪の毛)を前に乾かして「根元が前に向かう」ように乾かすと自然と毛先はハネにくくなります。具体的には耳前や耳上の髪の毛をおでこに向かって乾かすといいです。そして耳後ろの髪の毛を耳上に向かって乾かしたり、反対方向に乾かしたりして根元がふんわりするように乾かすといいです。特に日本人の場合は右側がハネやすいので右側を頑張りましょう。反対側はいつも通りすることで左右のバランスがとりやすいはずです。

 

次に2、分かれるですが、ここは前髪とトップがほとんどで、たまにつむじ辺りが気になるという方もいます。

ここの原因も根元です。というよりも毛穴ぐらい根元です。言いすぎてしまえば地肌ですね。分かれているのに分かれている毛先を触っても分かれるのは消えません。当然の話ですが分かれている所の髪の毛は「右と左」「前と後ろ」に髪の毛が方向ついています。だから分かれている状態になります。なのでこの状態を直します。やり方はシンプルで、まず分かれている部分に霧吹きでシュシュっと湿らせます。それを指で軽くなじませてドライヤーで「分け目の左側は右へ!」「分け目の右側は左へ!」と反対へ乾かします。そうやっていつも左に行ってしまう毛を反対に行くようにしてあげれば分け目が消えますね?!つむじは左へ!右へ!前へ!後ろへ!忙しいですが全方向に乾かしてつむじから放射状に分かれている状態を直します。絶対に濡らさないと直らないのでそこだけ要注意です。

 

次は3、広がるについてですが、広がっている髪の毛は基本的にはポイントがあります。それが【ハチ周りと耳後ろ】です。

日本人は欧米人に比べて「四角い頭」をしています。なので左側の写真のマークの所がハチと言われて出っ張っています。そこが広がりやすい方が多いです。ココが広がっている人は重くなってくると【頭が大きくなってくる】ような人ですね。あと耳後ろは、サイドは耳上までに対してバックは首まで髪の毛が生えているので急に量が多くなってきます。そこで一番髪の毛がたまって見えやすい部分で、髪の毛が広がって見えやすい場所です。この2ポイントもまずは根元の修正から考えます。ハチ周りは前に乾かしましょう!下を向いて上からドライヤーの風をあてて下へ乾かすと、顔を上げたときの前に乾かしている状態になるのでそのようにやるのをオススメします。耳後ろは1、ハネるでは耳上に・・・という話でしたが、今回はボリュームを抑えたいので耳方向か耳下方向へ乾かして、その後反対側へも乾かすといいです。そして毛先を乾かすときに軽く指を通しながらまとめるようにして温風と冷風を交互に2・3回当ててあげてください。そうすると毛先もまとまりやすくなるため広がりが抑えられます。ちょっとして部分でも頭皮を擦る用意ばさばさと乾かすよりも髪の毛をめくるように根元を乾かして指を通しながら乾かしていった方がよりまとまると思います。

 

そして4、クセが出る方は1ポイントです。色々な方向へ伸ばす!!です。

クセのある場所は人それぞれでくせでうねっている髪の毛も右に曲がったり左に曲がったり微妙に前や後ろにも曲がって・・・ってな感じで、てんやわんやです。色々な方向へクセが出ているので色々な方向へ伸ばした方が結果的にクセが落ち着きます。例えば前髪のクセが気になるので前に前に一生懸命引っ張ってもなかなか伸びなかったりしませんか?そういう時は前後左右へ伸ばすように乾かすといいですね。特に気になるところは最後冷風で伸ばしたい方向へ髪の毛を冷ましてあげるとよりgoodです。

 

最後に5、ペタッとするという悩みはトップの方が中心でしょう。

この悩みについては別の記事でも詳しく紹介していますが、やはり根元の部分がカギで、『濡らすこと・乾かす方向』が注意点になります。分かれるとペタッとするは共通の原因の方も多いです。分け目の時のやり方を参考にしてみてください。

 

このようにほとんどの場合が【根元!!】に原因が!!!

なので朝に髪型を直すのに、根元が寝ぐせのついた状態では上手くいかないのは想像でいたのではないでしょうか?そこで良くお伝えしているように『朝は霧吹きで濡らす』のが効果的になりますのでやってみてほしいです。

関連記事

  1. シャンプーの種類・トリートメントの種類

  2. わたくし真剣に頭皮ケアしていきます

  3. トリートメント・コンディショナー・リンスについて

  4. 「似合う髪型」と「やりたい髪型」

  5. 薄毛が男女によって差があることについて

  6. いつまでも綺麗なカラーをするために

  7. 美容院に行ってから次に美容院へ行くまでに

  8. 2021・春夏のヘアカラー

  9. ここ最近のデザインしていて感じること

  10. ヘアカラーの色モチを良くするには?

  11. カットが上手とは??

  12. 伊藤 敬一と申します。