乾かすタイミングで変わる事

お風呂上り、最近は熱くもなってきましたので中々すぐに乾かしきる!という事が大変な季節になってきているかもしれませんね。ただ皆様も薄々感じていると思いますが、夜の乾かした状態で朝が違ったり、乾かすときによって状態が変わることがあると思います。例えばお風呂上りにすぐ乾かせずに少し自然乾燥になってから乾かすとか。ひどいとほとんど乾いてしまってからドライヤーを使い始める。という日もあるのではないでしょうか?

そうすると髪の毛は思うようにまとまってくれません。髪の毛が乾くときと、髪の毛が温まって冷める時に形が変わります。日本人の約8割の人がクセがあるようです。そのクセが自然乾燥になると好き勝手に色々な方向へ動いてしまいます。1本1本が違う方向に向いてしまうと「パサつき」や「ツヤが無くなる」という状態になりますので上手く自分でまとめることが出来なくなります。

お風呂あがってすぐに乾かすのか?少し経ってから乾かすのか??ほとんど乾いた状態で乾かし始めるのか???で髪の毛を思うような形にできるチャンスが変わってしまいます。早めに乾かすことで伸ばしたい方向に手ぐしを通しながら乾かしたり、分け目がつかないように根元の部分を乾かしたり、ふんわりするために乾かしたりするとそういった感じに髪を形づけられます。

 

なので時間がたってしまっても必要な分だけ濡らしなおすと違うと思います。

関連記事

  1. クセ毛の方の梅雨の過ごし方

  2. 「髪を乾かす」の注意点

  3. やっぱり大切なのでお伝えさせてください。

  4. スタイリング剤はつけていますか?

  5. レプロナイザー3Dといいます。

  6. シャンプーの選び方

  7. コテやアイロンを使ったスタイリング方法

  8. 薄毛予防について⑤

  9. オイルでのスタイリング方法

  10. コテの跡がつかなくて大変な方

  11. 朝のブローについて

  12. パーマのスタイリング実践