巻きすぎないように巻く。

今は雑誌など見ていても「THE 巻髪」というスタイルは少ないですよね?ゆるくニュアンスで巻いているスタイルが多いです。なんなら「それハネてるだけですよね?」と以前なら敬遠されてしまいそうなスタイルもあります。今は『媚びない自分らしく』みたいなトレンド強いように感じます。自分らしく生きる!と。

そうなった時にヘアスタイルもナチュラルなリラックスしたスタイルがウケるのかもしれません。

ただ、いざ自分でそれをやろうとすると難しいという声を聴きます。それこそ「なんかハネただけのような感じになる」と困っている声が。あまり巻いた感じにならないようにするためにはどうしたらいいのか?巻きが強くないからと言って巻いてないわけではなく、むしろ細かくゆるいニュアンスを巻いてつけていっていたりもします。ガバッと大きくまとめて巻いてしまってはなかなかいい雰囲気が出ません。毛先を全体的に巻いた後に少しずつニュアンスで中間や根元に後をつけていく感じです。

スタイルや髪質などでどこにどれぐらいのニュアンスで巻いたらいい感じになるのか?は人それぞれなので聞いていただければと思います。

関連記事

  1. 襟足が上に浮いてしまう方

  2. 若々しく見えるためのポイント

  3. 切りっぱなしロブ

  4. 丸みが素敵なショートスタイル

  5. 見た目の印象は8割から9割

  6. ショートから伸ばしています

  7. 首元すっきり。冬の装い

  8. ショートなら少し明るめがオススメ。

  9. おしゃれ染めと白髪染めの差をなくしていきたい!

  10. 丸いって可愛いシリーズ

  11. 秋冬スタイルを少しずつ整えて仕上げていきます。

  12. ショートの方のボリュームが出る乾かした方