おしゃれに白髪染めをしたい。

最近白髪が気になってきた方や、白髪の量が多くて気になっている方など色々な状況の方がいらっしゃいますが、基本的には〖おしゃれ染めと変わらないようにカラー出来る〗と思っています。

白髪の印象をアンケートすると、ほとんどネガティブなことしか出てきません。みんな嫌なものとして感じているようですね。理由も複数ありますが一番は『老けて見える』という所が大きいのではないでしょうか?確かに老けて見えるのは嫌ですし、白髪があることでそういった印象になりやすいのも事実だと思います。そして今のところ白髪を減らす用の商品なども出てきてはいますが、1本も無くなるというものは存在しません。  その【1本】が気になるわけで・・・。(僕も20代から白髪が出てきたのですが仕事柄、基本的にカラーするのであまり気にしていません)  ですので現状はカラーすることがオススメではあるのですが、白髪染めが暗くなるイメージはまだまだあるようで、そうでなくとも今までのようなカラーはもう出来なくなる!?みたいに感じている方も多いようです。でも僕はそうではないと思っています。初めにもお伝えしましたが今までと変わらず〖色を楽しめる〗ようにカラーしていけると思っていますし、今担当させていただいているお客様で暗く白髪染めしている方はいません。

ポイントは《白髪を馴染ませる》という事です。白髪は髪の毛の中で一番明るい髪の毛です。黒髪は髪の毛の中で一番暗い髪の毛です。生えてきた時はこのコントラストの強さで目立ってしまい気になります。この白い髪の毛を黒い髪の毛と同じ色にしようと思うと黒くなります。でも黒い髪の毛は明るく、白い髪の毛はブラウンにしていってコントラストを減らすと見た感じに白髪があるようには見えなくなります。黒い髪の毛よりは若干明るく染まっているはずですが、元々ハイライトなど1色ではないカラーデザインもあり、そういった多色で染めることで動きのある髪に見えたりツヤが出たりもします。なので白髪と黒髪を必ずしも同じにしなくていいわけです。むしろ違う事でのメリットまであります。

ただこの染め方も正直言うと難易度は高くなります。黒髪がどれだけ明るくなりどういった色味になるのか?白髪がどれだけブラウンになりどういった色味になるのか?と黒髪を染める倍の事を考える必要があるからです。髪質によって同じカラー剤を塗っても違う色になります。もっと言ってしまうと白髪も人によって髪質が違うんです。なので《おしゃれ染めと変わらないようにカラー出来る》と言いましたが、簡単ではない事ではあります。でも僕は出来ると思っていますのでご希望を確認させていただき今の髪の毛の状態からそのゴールにいけるようにしっかり考えたいと思っています。もしかしたら今の髪の状態からだと今日はゴールにたどり着けない可能性もあります。カラーも魔法ではないので。でもその次には出来るようになるかもしれませんし、2・3回目にはできるかもしれません。もしかしたら1年かけてゴールにたどり着くことになるかもしれません。でもやりたい色に出来ると思っています。

 

相談して決めていけたらと思います。

関連記事

  1. 2020春にオススメのヘアカラー①

  2. 小学生でも分かるヘアカラー動画 【2話目】

  3. ハイトーンのグレイカラー

  4. 秋冬スタイルを少しずつ整えて仕上げていきます。

  5. 秋色でRed Brown

  6. 首元をスッキリだけどスッキリしすぎず

  7. パーマを活かしつつのカットカラー

  8. ストレート後のスタイル

  9. やっぱりゼロテクっていいみたいです。

  10. クセを活かしたナチュラルスタイル

  11. 今日も前回ゼロテクで染めて良かったという声をもらいました。

  12. 春らしい動きのあるスタイルとカラー