髪のダメージケア⑦ (8割の原因編)

皆さんは髪の毛がどうして痛んできていると思いますか??以前にも色々な記事で少しお話している部分でもあるのですが、今回は少し詳しく「髪の毛のダメージの8割の原因」についてお話させていただきます。

先に答えを紹介するとそれは【 水 】です。これは水道水はダメでミネラルウォーターなら大丈夫というような話ではありません。皆さんもそうだと思いますが1日のうち99%の時間は乾いていますよね?そうなんです髪の毛は乾いているのです、というより乾いていくものなんです。濡れるという事は髪の毛の中に水が入っている状態だと思いますが、髪の毛は内側の水分を外へ吐き出していきます。この「水が入って外に出る」時に水と一緒に髪の毛の成分も外へ出てしまいます。これがダメージの8割にまでなるほど深刻な問題です。

ただし、基本的にはカラーやパーマなどの施術をしていない何もしていない黒髪の方は当てはまりません。ですがその中でも「プールに通っている」「夜濡れた状態で寝ている」など髪の毛の表面のキューティクルにダメージを受けてしまうとカラーやパーマをしている人と同じようにダメージの進行が起こってしまいます。

 

このように髪の毛のダメージはカラーやパーマが原因だと思われがちですが、実際に施術直後の髪の毛へのダメージで考えると10%程度です。ただダメージしていくきっかけ、スイッチが入ってしまうのでその後の水でのダメージに繋がってしまいます。では実際に普段の生活のどういった時にこれが起こるかというと【水にぬれただけ】でも起こります。そこにシャンプーをしたりと更にダメージの進行が起こります。

 

対応策としてはホームケアです。もしサロントリートメントとホームケアだとどちらをやった方が良いですか?と聞かれたらホームケアと答えます。もちろん両方必要だともお伝えするのですが。現状でホームケアを使っている人は100%ではありません。これは皆さんがホームケアの意識がないという事ではありません。きっとシャンプーを買う時は色々と考えて選んで買われているはずです。ですが本当の意味で『ケア』になっているものを買われている方は意外と少ないのかもしれません。使用感が良いことは当然最終的に必須のゴールです。ですが髪が本当に綺麗になっていくケアかどうかは少し違ってくるのかな?と感じます。ですが間違いないのはホームケアを本当にしっかりできていたら髪の毛は良くなっていきます。ずっと綺麗でいられます。髪質が変わります。スタイリングしやすくなります。ダメージの8割が家で起こる事だからこそホームケアを常に見直していくといいのではないでしょうか?

関連記事

  1. クセのおさまりは長さが大切

  2. レプロナイザー3Dといいます。

  3. スタイリング剤はつけていますか?

  4. コテやアイロンを使ったスタイリング方法

  5. 髪のダメージケア⑥ (ドライヤーやコテ編)

  6. 洗い流さないトリートメントの選び方

  7. 外ハネのスタイリングでの注意点

  8. 薄毛予防について④

  9. ショートの方のボリュームが出る乾かした方

  10. なんか良さそうなのを紹介してもらいました

  11. 夕方になると崩れてしまうという方へ

  12. 切らないことがダメージケアになる?!